相続税の2割加算に注意!知っておきたい2割加算の対象者と計算方法

相続税では遺産を受け取った人によって相続税額が2割加算される場合があることをご存知でしょうか。

亡くなった方の子供は2割加算されませんが、兄弟姉妹は2割加算されます。
相続税の2割加算は、孫養子の取り扱いなど相続税対策を検討する上でも重要なポイントになってきます。

ここでは、相続税が2割加算される人、されない人はどのように分けられているのかなど2割加算の規定について詳しく解説していきたいと思います。

1.相続税の2割加算とは

相続税の2割加算とは、遺産を受け取った人が一等親の血族及び配偶者以外である場合には、各人の算出相続税額にその20%相当額を加算することです。

1-1.2割加算の対象者

相続や遺贈(遺言による譲り受け)などで財産を受け取った人が、亡くなった方の一親等の血族及び配偶者以外である場合に相続税額が2割加算されます。

一親等の血族とは、養子を含む子供及び両親のことです。

なお、孫の場合は養子縁組をしても2割加算となります。

1-2.2割加算される理由

ではなぜ2割加算となるのでしょうか。 次の理由により相続税の負担の均衡を図る目的で相続税が加算されるといわれています。

  • 一親等の血族及び配偶者以外の方が相続財産を受け取るのは偶然性が高いこと
  • 亡くなった方の孫が財産を相続すると、次世代である子の相続税を1回免れることになること

2.2割加算になる人、ならない人

具体的に2割加算の対象となる人、ならない人はどのような人でしょうか。
次の図を参考に確認しましょう。

2-1.2割加算になる人

次の、一親等の血族及び配偶者以外の人です。

  • 祖父母(二親等)
  • 兄弟姉妹(二親等)
  • 孫(二親等)
  • おい、めい(三親等)
  • 内縁関係の配偶者(血族関係以外)
  • 友人知人などの第三者(血族関係以外)

2-2.2割加算にならない人

次の、一親等の血族及び配偶者です。

  • 配偶者
  • 子供
  • 父母
  • 養子縁組をした人

2-3.孫の場合に注意

1)孫養子は2割加算される

孫を養子とする場合は2割加算となります。

養子縁組をすると、民法上では実子と同じ一親等の血族(法定血族)となりますが、相続税では、孫を養子とした場合、亡くなった方の子の相続税を1回免れることになるため、2割加算の対象となります。

2)代襲相続の孫は加算されない

代襲相続する孫の場合は2割加算されません。

代襲相続する孫とは、亡くなった方の子が先に死亡していたときに、その子にかわって「子の子である孫」が相続する場合をいいます。
この場合、孫として相続しているのではなく、子に代わって相続し、相続税を納めることになるため2割加算されません。

3.相続税の2割加算の計算

相続税では実際に受け取った財産の相続割合に応じて各相続人等の相続税額が決まりますが、2割加算される人の場合は次の計算式により計算された金額が加算されます。

3-1.2割加算の計算式

(2割加算の計算式)
   加算される金額
     =各相続人等の相続税額×20%

例えば相続税額が100万円の場合、2割加算になる人は20万円も多く納付することになります。
相続税の納税額は高額となることが多く、さらに2割加算されるとかなりの負担増となってしまいます。

3-2.2割加算の計算の流れ

ここで簡単に相続税の計算の流れを確認しておきましょう。

相続税の計算の流れ

①「課税遺産総額」を計算する
  相続税の課税の対象である「正味の遺産額」から「基礎控除額」(3,000万円+600万円×法定相続人の数)を差し引いて計算します。

②「相続税の総額」を計算する
  課税遺産総額をいったん法定相続分で分割したものと仮定して各相続人の相続税を計算し、その合計額を計算します。

③「各相続人等の相続税額」を計算する
  相続税の総額を実際に受け取った財産の相続割合に応じて割り振り、各相続人等の相続税額を計算します。

4.相続放棄をした場合の2割加算

相続放棄をしても亡くなった方の死亡保険金や死亡退職金を受け取る場合があります。
死亡保険金や死亡退職金は、亡くなった方の生前の財産ではありませんが「みなし相続財産」として相続税の課税の対象になっています。
この場合の相続税の2割加算はどうなるのでしょうか。

4-1.一親等の血族が相続放棄した場合は2割加算されない

相続放棄しても一親等の血族であることに変わりがないので、2割加算はされません。

4-2.代襲相続した孫が相続放棄した場合は2割加算される

代襲相続した孫は、相続人であることが要件となっているため、相続放棄した場合には、2割加算の対象となります。

5.まとめ

相続税の2割加算はちょっと複雑ですが、2割加算の対象であるか否かによって大きく負担が変わってしまうためよく確認しておきましょう。

よくあるのは兄弟姉妹が相続人となった場合です。相続税は、原則現金で納付することになっていますので、事前に納税資金の準備をしておくことが必要となります。

また、お孫さんの場合、養子縁組をしても2割加算となってしまいます。
お孫さんに財産を残す方法としては、養子とはせず、生前贈与などを検討するほうが有効である場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう